満月の時、大自然に恵まれた那須高原で、月の恵みに満ちた無農薬ヘチマの優れた成分をまるごといただいた一年一度だけの限定化粧水の通販サイトです。

 

月子とは・・・満月からの贈り物

自然に恵まれた那須高原の大地で無農薬ヘチマを自然のままの姿で伸び伸び育てます。

満月の光をたっぷりと浴びているタイミングで、すべて手作業により一滴、一滴、ヘチマ水を丁寧に採水します。

無着色、無香料、ノンアルコールの月子は、伝統的な満月のヘチマ水の採水にこだわりながら最新のテクノロジーを利用してヘチマの植物体全体から有効なエキスを抽出、那須の天然水をブレンドしました。

天然のヘチマ水が、現在の様々なストレスにさらされたお肌をやわらげ、みずみずしい潤いをもたらします。

月のリズムを感じながら、ご家族みなさまで、お肌はもちろん全身にお使いください。

ヘチマ畑のイメージ

栃木県の「食と農の新プロジェクト形成支援事業」の一環として「月子」は生まれました。

デザインコンペにより、足利デザイン・ビューティ専門学校の学生さんのデザインを採用しています。

数量限定

ロイヤルリゾート那須・那須ブランド認定商品

へちま化粧水 月子 商品画像

月子 全身化粧水

月子は、満月の光をたっぷりと浴びているタイミングで那須高原の‟神土”と呼ばれる特別な大地でヘチマの植物体全体から有効なエキスを抽出、那須の天然水をブレンドして作りました。

《 全成分 》

水、BG、グリセリン、ペンチレングリコール、ヘチマ水、ヘチマ果実エキス 、ヘチマ葉エキス、クエン酸、クエン酸Na、フェノキシエタノール

《 使用方法 》

洗顔後、よく振ってからコットンまたは手のひらにとり、お肌になじませてください。

顔全体から首筋までの“コットンパック”もおすすめです。

《 注意事項 》

お肌に異常が生じていないかよく注意して使用してください。

(1)傷、はれもの、湿疹等、異常のある時は、使わないでください。

(2)使用中、又は使用後日光にあたって、赤味、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常が現れた時は、使用を中止し、皮膚科専門医等へご相談をおすすめします。そのまま化粧品類の使用を続けますと悪化することがあります。

本品はヘチマ由来の天然原料を配合しているため、その特性により時間経過や使用・保管環境などにより成分の沈殿は白濁、または製品ごとに色調・香りなどに若干の違いが生じることがありますが、品質上の問題はございません。

開封後は、1~2ヶ月を目安にご使用ください。

小児の手の届かないところに保管してください。

極端に高温または低温の場所、直射日光にあたる場所には保管しないでください。

月子への想い

日本人は、植物など自然とのつきあいが上手な民族だと思う。

江戸時代、大奥でも愛用され“美人水”と呼ばれたヘチマ水。

大地から植物がいただく水を肌につけると、すーと浸透してゆく。

こんないいモノを次世代に繋げていけたら…と始まった月子プロジェクト。

やっと軌道にのった2011年、東日本大震災が起こりました。

初めて放射能検査を受けた時のドキドキ、不検出の結果が何度出ても心はスッキリしませんでした。

そんな時、かすみちゃんが『やってみたい!』そして次々月子が引き寄せているかのようにステキな出逢いがあり、2013年、月子プロジェクトは復活しました。

手間を惜しまず丁寧な商品作り、月子プロジェクトをいつも大きな力が見守ってくれています。

月子に出会ったのは震災を経験した後、衣食住を手作りできる自然豊かな環境を探しはじめ、ふるさとの芦野に帰ってきて間もなくのことでした。

澤野さんの想いに共感し、このプロジェクトに参加し始めると…。

夜空を眺め、月の満ち欠けに想いを馳せるようになったり、昔の暦に惹かれ、暮らしに季節感を取り入れるようになったり。

幼い頃に感じていたような、自然から受け取る何かを思い出すことができるようになった気がします。

これからも日本人特有のバランス感覚や自然美に対する感性などを取り戻しながら次世代に繋いていきたいと願っています。

へちまの歴史物語

昔から化粧水として使われてきたヘチマ水。

熱帯アジアが原産のウリ科一年草のヘチマが珍重されたのは、明の時代に中国に入ってから。

その後、日本に入り、江戸時代初期にはすっかり広まりました。

多くの女性の支持を得続けてきた、その長い歴史が物語るように、ヘチマは女性たちに若々しく美しい肌をつくってきました。

室町時代に中国からヘチマが入ってくると、「美人水」と呼ばれて、化粧水として使われるようになりました。

江戸時代には「花の露」「江戸の水」、明治になると「キレー水」という名で売られていたようです。

ヘチマ水は、民間薬としては飲み薬や塗り薬として用いられます。

ヘチマの高揚として、熱を除き、痰を去り、血を冷やし、解毒の効果あり、血行を活発にして、神経系統を整え、乳の出を良くし、小便を促し、腫れをとり、痛みを去って、皮膚病を治すなどが挙げられています。

飲み薬としては痰きり、咳止め、むくみ、利尿に効くとされ、塗るとあせも、ひび、あかぎれ、日焼け後の手当、火傷にも効くとされています。

ヘチマが美容面で非常に有名になったのも、ヘチマの持つサポニン類の効力によるものです。

ルシオサイドと呼ばれるサポニンは、肌が本来持つ増殖機能を高め、排泄器官としての働きと、新しい皮膚に生まれ変わる自然治癒力を助けることができる成分で、これがヘチマを美容成分として有名にさせたいわれです。

ヘチマには肌の活性を高めるだけでなく、脂漏性皮膚、オイリーバランスを整える働きもあり、使い方により様々な皮膚に対応できる重宝な植物です。

ヘチマ化粧水は、酸性化粧水の原型とも言われるものだそうで、毛穴の引き締めに効果が大ということです。

含有成分は、ヘチマサポニン、硝酸カリウム、ペクチン、タンパク質、糖分等。

食品加工総覧によれば、へちま自体に雑菌抑制の力があるそうです。

満月化粧水・月子(全身化粧水) 限定生産

価格: ¥3,240 (税込)
数量:
在庫: 50個

返品についての詳細はこちら

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ